秋葉原の街を移動するデモを作ってみた。
unity-akiba
実際のデモは【こちら

ゼンリンから提供されているアセットを利用しました。
また、直接は使ってないですが、女の子の3Dモデルのクエリーちゃんも入れてます。
(依存性があって無いと動かなかったので。)


3Dは難しそうなので、手をださないようにしようと、心に決めてたのですが、
「Unityは良い」と何人かから聞いたので、作ってみました。

このデモは、お試しにHello World的に作ってみました。
結果、3時間ぐらいかかりました。

慣れたらどれぐらいの時間で作成できるか計測してみました。
地図上をキーボードで動くだけなら9分26秒でできました。
動かすだけだけど3Dのプログラムが短い時間でつくれてしまうUnity恐ろしい。
01 PM
(一行一行の時間はあまり正確ではありませんが、
地図のデータをインポートしてる時間が5分ほどで
一番長かったようです。)
 

直接、秋葉原の地図の3Dモデルを使ってしまったのですが、
・雨、風、晴天、夜空、曇空等の様々なエフェクト
・クエリちゃんを操作して飛行
・Nav Mesh AI Car機能
も入ってるようで、それらを使うのも楽しそう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote